スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--.--.-- | スポンサー広告

Killswitch Engage/As Daylight Dies

As Daylight Dies As Daylight Dies
Killswitch Engage (2006/11/21)
Roadrunner
この商品の詳細を見る

Killswitch Engageは前々作が好きで良く聴いていたんですが、今作はそれに値する、もしくはそれ以上の仕上がりです。かなり重くハードかつ早いリフと合間に見せる感動的で叙情的なメロディーのバランスが絶妙。特に、三曲目The Arms Of Sorrowと五曲目My Curseは、毎日聴きたくなるような名曲。最近、Dioのカバーなどを含んだ豪華版も出たみたいです。
Killswitch Engage - The Arms of Sorrow


Killswitch Engage-My Curse

スポンサーサイト

テーマ:洋楽 - ジャンル:音楽

2007.09.17 | Comments(0) | Trackback(0) | 昔のレビュー

Sherwood/A Different Light

A Different Light A Different Light
Sherwood (2007/03/13)
MySpace
この商品の詳細を見る

一曲目のPVを観たときはMaeなどに似た感じのバンドかと思ったが、通して聴いてみると、ひたすら軽快で底抜けに明るい。全体的にインパクトは小さいが、はっきりとしたメロディを奏でるギターとキーボードやディスコ調の飛び跳ねるようなドラムに、聴いていると笑顔が溢れてしまうようなアルバムです。所々にほろりと泣かせるような曲を挟んでくるのも中々。

Sherwood video for Song in my Head

2007.08.30 | Comments(0) | Trackback(0) | 昔のレビュー

Waking Ashland/Telescopes

Telescope Telescope
Waking Ashland (2006/06/13)
Immortal
この商品の詳細を見る

前作とは大きくは違わないが、以前のような単調さが無くなり楽曲の幅が広がったように感じる。疾走感を持ちつつ何処か哀愁を含む曲やベンフォールズの様な、心の奥から明るくなれるピアノバラードなど聴き応えたっぷり。エモーショナルなサウンドで世間に知られることとなった前作と大きな変化を遂げた次作とのちょうど中間に当たる作品。

追記。すでにWaking Ashlandは解散してしまったようです。現在ヴォーカルのジョナサンは、SherwoodのメンバーとともにWe Shot The Moonというバンドで活動しています。

2007.08.15 | Comments(0) | Trackback(0) | 昔のレビュー

Underoath/They're Only Chasing Safety

They're Only Chasing Safety They're Only Chasing Safety
Underoath (2004/06/15)
Tooth & Nail
この商品の詳細を見る

"Define The Great Line"も傑作だけど、こちらも間違いない名盤。次作と比べると、かなりメロディックでキャッチー。ライブ栄えの良さで寧ろこちらのほうが上でしょう。特に4~6曲目への流れが素晴らしい。
次作で一気に暗くなるわけですが、それはそれで好きです。メロディックな面はアーロンのサイドプロジェクトThe Almostで存分に発揮されてますしね。
reinventig your exit - Underoath

2007.08.12 | Comments(0) | Trackback(0) | 昔のレビュー

Bullet for My Valentine/The Poison

The Poison The Poison
Bullet for My Valentine (2006/02/14)
Zomba/Trustkill
この商品の詳細を見る

一応ジャンルはメタルコアということになっているけれど、かなり洗礼されたメタル音を聴かせてくれるアルバム。メタル好きには垂涎もののギターリフ、ソロ。このバンドに似たものが思い浮かばないほど、同じファン層をもつ同世代のバンドの中では、首一つ抜きん出た個性とスター性を持ったバンドでしょう。兎に角この年齢にして、この完成度は脱帽。メタル好きは必聴。
今月末のライブ、早くも楽しみです。
BULLET FOR MY VALENTINE - TEARS DONT FALL

音楽同様、シンプルで格好いいPVです。

2007.08.10 | Comments(0) | Trackback(0) | 昔のレビュー

Valencia/This Could Be a Possibility

This Could Be a Possibility This Could Be a Possibility
Valencia (2005/12/06)
I Surrender
この商品の詳細を見る

インパクトのあるイントロから、駆け抜けるようにキャッチーなメロディが鳴り響く楽曲の数々。似たようなバンド、アルバムが多い中で、しっかりとした曲構成や確かな演奏力が光っているアルバム。若干まとまりがない気がするけれど、なかなかの名盤。
Valencia - The Space Between

2007.08.09 | Comments(0) | Trackback(0) | 昔のレビュー

Alexisonfire/Alexisonfire

Alexisonfire Alexisonfire
Alexisonfire (2003/09/09)
Sorepoint

この商品の詳細を見る

2ndや3rdを聴いた後で聞くと若干荒削りな感じがするが、複雑に入り組んだメロディや各所に散りばめられている三人それぞれのヴォーカル、更には交代前のメンバーによる控えめでシンプルながら力強いドラム(個人的には、現ドラマーの複雑でパワフルなドラミングの方が好きだけど)など、エモーショナルな楽曲は流石。音は、Envyなんかに近いかな。聴けば聴くほど新たな発見があるアルバムで、名作の3rdにも引けをとらない名盤。
1stだけ買ってなかったので改めて購入。早いこと来日してほしいです。
Alexisonfire - Waterwings

このアルバムでは、珍しい最初から最後までテンション高い曲です。ロカビリー弾き、格好いいなぁ。

2007.08.08 | Comments(0) | Trackback(0) | 昔のレビュー

Funeral for a Friend/Tales Don't Tell Themselves

Tales Don't Tell Themselves Tales Don't Tell Themselves
Funeral for a Friend (2007/05/14)
Atlantic
この商品の詳細を見る

スクリーモと呼ばれたバンドが次々に脱スクリーモ化している中で、最も大きくスタイルの変化を感じたバンドFuneral for a Friendの一枚。以前の作品と比べるとあまりの違いに同じバンドか分からないくらい。具体的には、ドラマーの叫びパートが完全に無くなり、前がメタルよりの重いサウンドだったのに比べ、コーラスが重視され、ギターはアルペジオなどを駆使しドラムはやや軽くなった。以前からのメロディーのよさも引き立ち、非常にバランスのよいアルバムだと思う。
PVを見たのをきっかけに無性に聴きたくなり、先週のヘビーローテンションでした。
Funeral For A Friend - Into Oblivion (Reunion)

格好よくてかなり好き。けど、機材がもったいない。

Funeral For A Friend - Walk Away

外人は演技がうまいですね。泣けます。

2007.08.07 | Comments(0) | Trackback(0) | 昔のレビュー

«  | HOME |  »

FC2Ad

RSS & Twitter

rss_logo.jpg twitter_logo.jpg

About Me

ダメ学生

Author:ダメ学生
コメント、相互リンクの申請大歓迎です。コメントは記事に関係ないものでも結構です。お気軽にどうぞ。
こちらでCDレビューもやってます(休止中)。

今日の一言
情報収集用にTwitterのアカウント作りました!フォローしてくれたら、こっそりフォローしかえします。

Search

New Songs

VersaEmerge
Figure It Out
B.O.B ft. Hayley Williams
Airplanes

Oceana
Woolgod
Mayday Parade
We Are The Champions
Sing It Loud
Sugar Sweet
Young Veins (ex-P!ATD)
Young Veins (Die Tonight)
A Hope For Home
The Overman

The Spill Canvas
Our Song

Amber Pacific
An Anthem For The Young At Heart
The Classic Crime
Cheaps Shots
Daphne Loves Derby
Shine
Coheed and Cambria
Here We Are Juggernaut
Killswitch Engage
'My Obsession
The Red Jumpsuit Apparatus
Valentines Day
Halifax
Tonight
Rufio
All that lasts

Category

Google

Google

Send a message to me

名前:
メール:
件名:
本文:


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。